オリジナルメニュー

鍼灸治療とは

鍼灸治療とは

体の症状のあるところや体全身にあるツボを使い体のバランスを調整し、自分の持ってい

る自然治癒力を元に戻す治療法です。

当院の鍼灸治療は東洋医学・西洋医学を合わせた体の見方をしていきます。

 

 

鍼 画像.jpg

 

 

直径0.12~0.20mmと髪の毛より細い鍼を使用します。

日常生活や仕事などで凝り固まった筋肉に鍼で刺激を与える事で、筋肉に新しい血液を送

り、自分の備わっている免疫力を戻します。

患部だけでなく、手や足に鍼を行う事で体全体の血液の流れを改善させます。

勿論、美容鍼同様使い捨ての物を使用しております。

 

 

お灸

 

原料となるのは『もぐさ』 小さくひねり火をつける事で体を温め、ツボを刺激し免疫

力を上げます。

温熱刺激を入れる事で自律神経の乱れや冷えを改善させます。

また、熱が体の奥まで浸透するので痛みの治療にも有効です。

 

 

Q&A

  

Q,お灸の熱さは我慢したほうがいいですか?

 

A. 熱ければ効くというわけではありません。

リラックスできる温かさが体の免疫を上げていきます。

 

Q,鍼をしたあとは運動をしても大丈夫ですか?

 

A. 症状にもよりますが、自律神経を整える為に治療を受けた後はゆっくりと休んで

いただくことをお勧めします。

 

Q,お風呂やお酒は大丈夫ですか?

 

A. 治療直後のお風呂はいつもより、のぼせやすい場合や内出血が悪化する可能性があり

ます。

お酒もいつもより酔いが回りやすい場合があります。長湯や深酒は控えていただいています。

 

 

 

Q,鍼を打っていると『ズーン』とし体に感じますが大丈夫ですか?

 

A. これは鍼特有の『響き』といわれるものです。筋肉の固いところに当たると『響き』

が出やすいといわれておりますが、響けばいいというわけではありません。

適切な刺激量が体の免疫力を戻します。

 

Q,鍼を打った後、血は出ますか?

 

A. ほとんど出ることはありません。しかし、まれに内出血が起こり、あざになる事があ

りますが、1週間~10日ぐらいで消えるのでご心配なさらないでください。